女二郎2

食欲だけが正義

ラーメン二郎札幌店~2019年5月~

食べ歩き復活11店舗目はこちら。

f:id:onna_jiro:20190506110456j:plain

地元、北海道へ帰省しました!
ラーメン二郎札幌店です。

目次を押すとジャンプします。

 

行き方

最寄り駅
JR北海道【札幌駅】から徒歩6分

 

今回は札幌外からの行き方になります。

f:id:onna_jiro:20190506110815j:plain

まずは北海道へ

 

f:id:onna_jiro:20190506111705j:plain

JR札幌駅に着いたら大丸のある西改札の方向へ

 

f:id:onna_jiro:20190506112125j:plain

西改札口を出たら左手の大丸のあるほうへ進みます。

 

f:id:onna_jiro:20190506112506j:plain

大丸デパートの中へ

 

f:id:onna_jiro:20190506113038j:plain

大丸店内をとおって北西口(北海道大学方面へ)へ

 

f:id:onna_jiro:20190506120255j:plain

北西口を出たら正面の横断歩道を渡り高架沿いに進みます。

 

f:id:onna_jiro:20190506121129j:plain

横断歩道があります。さらに高架沿いの道を進みます。

 

f:id:onna_jiro:20190506121436j:plain

ちょっとした公園のような道をさらに奥へ

 

f:id:onna_jiro:20190506121749j:plain

道路とぶつかるところで右折すると二郎札幌店があります。


ローカルルール

 

■重要■
・お店の前の自販機で購入した飲み物のみ店内持ち込み可です。
・店内撮影禁止(ラーメンのみ可です)
・専用の駐車場、駐輪所はありません。
 

並び方・食券確認

流れとしては
①外待ちの列に並ぶ
②入店する際に食券購入
③店内待ちベンチ(ここで食券確認されることが多いです)
④着席となります。

下記で詳しく説明していきます。

f:id:onna_jiro:20190506130031j:plain

画像はイメージです。実際とは異なる部分があります。

 

f:id:onna_jiro:20190506130720j:plain

①まず外待ちの列に並ぶ



f:id:onna_jiro:20190506131636j:plain
②外待ちの先頭にきたらガラス越しに店内待ちベンチの様子を確認し、空きが出来たら入店。
券売機で食券を購入してから店内待ちベンチに座ります。

③店内待ちのベンチに座っている間に食券を確認されることが多いです。
厨房の助手さんより「食券見せてください!」と声がかかりますので
ラーメンの食券を見せます。(ここではトッピングの食券は見せなくて大丈夫です)

先頭の人から食券を確認されていきます。
麺少なめ、麺半分、麺かため希望の人はこのタイミングで伝えます。
もしお店が空いていて事前の食券確認がなかった場合は食券を高台に置くタイミングで伝えます。

 

④店内待ちベンチの先頭に来たら、助手さんに案内されたカウンター席へ着席。
食券を高台に置きます。
水はセルフサービスです。

 

トッピングコール~退店

 ヤサイ・ニンニク・アブラ・カラメの所謂トッピングコールはラーメンの提供直前聞かれます。
「ニンニク入れますか?」と聞かれたら入れたいもの、増やしたいものを聞きとりやすい声で伝えます。
※詳しくはメニューの項目で触れますが、札幌店では【普通】と【つけ麺】のトッピングはニンニクのみで、ヤサイマシなどはできません。

食べ終えたら

丼、コップをカウンター上段にあげて台拭きで自分の食べたスペースを綺麗にふき取ってから退店します。
使ったティッシュはゴミ箱へ。
持ち込んだペットボトルは自販機横のゴミ箱へ捨てます。

 

メニュー

(店内撮影禁止でしたので券売機の写真は載せません)


◆ラーメン
小ラーメン(豚2枚)  750円
小豚(豚4枚)     850円
普通(豚1枚)     650円
大ラーメン(豚2枚)  800円 現在提供なし
大豚ラーメン(豚4枚) 950円


トッピング(全て別皿提供)
生卵           50円
タマチ        100円
ねぎ生姜         50円
紅葉卸し         50円
カレースパイス      50円

◆平日昼限定
つけ麺  (ラーメンの食券)+150円

 

・【普通】と【つけ麺】のトッピングコールはニンニクの有無のみでそれ以外、例えばヤサイマシなどはできません。
・【つけ麺】の麺硬めはできません。


麺量について
麺量は 普通 < 小ラーメンです。

◆普通
一般的なラーメン屋の量
豚1枚。ニンニク以外のトッピングはできません。

◆小ラーメン
一般的なラーメン屋の2.5倍くらいの量
麺量は茹で前で300gほど

◆大ラーメン
一般的なラーメン屋の4倍くらいの量
※現在は提供なし

◆つけ麺
普通の小ラーメンより麺量が少し多めとのこと

はじめて二郎を食べる方はまず【普通】か【小ラーメンの麺半分】から注文すると安心かもしれません。


卓上調味料・その他情報

ホワイトペッパー
・トウガラシ
・醤油ボトル
・割り箸

その他情報
・レンゲなし
ティッシュは給水機の下
・カウンター下に荷物をいれるかご(黄色の買い物かご)あり
・コートをかける場所なし
・トイレは店内左奥


自販機

f:id:onna_jiro:20190506152823j:plain

左側の自販機。2019年3月時点での情報です。

 

f:id:onna_jiro:20190506152906j:plain

右側の自販機。2019年3月時点での情報です。

 

2019年5月第1週 昼の部

 ゴールデンウィークも後半に入った頃、帰省のため地元北海道へ。
普段は地元から1番近い空港を利用するのですが、今回は連休の影響で新千歳空港行きしかチケットを取れませんでした。

しかしこれは逆にチャンスでは・・・・・・。
何のかって?
もちろん札幌二郎へ行くチャンスです!

というわけで

f:id:onna_jiro:20190506154424j:plain

いざ札幌へ!

新千歳空港から札幌駅までは電車で45分くらいかかります。
札幌駅到着は13時半頃。
昼の部は14時半までなのでのんびりしている暇はありません。

ロッカーで荷物を入れる予定でしたが、駅に空いているロッカーが1つも見つからず泣く泣く重いカバンを持ったまま急いで二郎へ向かいます。

二郎到着は13時45分。
並びは店内とあわせて30人ほどでしょうか。
学生の方が多めでした。

この日の札幌は天気が良く、日向にいると少し暑いほど。
久しぶりの札幌二郎にわくわくしながら待ちます。

外待ち先頭まで来たら店内のベンチを覗き込み、空きができたのを確認して入店。
食券を購入します。

f:id:onna_jiro:20190506155645j:plain

購入したのは小ラーメン、タマチ、紅葉卸し、ネギ生姜の計950円分です。
滅多に来れないので頼みたいものを全部購入しました。

札幌二郎の高いカウンターの向こうには北海道出身の店主さんと、男性助手のお2人がいました。
店内は広めでカウンターが15席。
二郎の中では現代的なおしゃれな内装です。

店内待ちベンチの真ん中あたりで食券確認がありましたので、小ラーメンの青い食券を見せながら「少なめで」と申告。
周りは「麺硬め」にする人が多かったです。

カウンターに空きができて着席。
食券をカウンターに置きます。

ラーメンより先にトッピングの3品が助手さんより提供されます。

f:id:onna_jiro:20190506161238j:plain

上からネギ生姜、紅葉卸し、タマチです。
明らかに頼みすぎな気がしましたが、せっかくの北海道なので満喫することに。

先に麺硬めのラーメンが提供されたあと、
助手さんより「ニンニク入れますか?」と聞かれます。

「ニンニクで」

f:id:onna_jiro:20190506161819j:plain

小ラーメン ニンニク
+ネギ生姜+タマチ+紅葉卸し

にぎやかなことになりました。

f:id:onna_jiro:20190506161846j:plain

ラーメンを横から見るとこんな感じです。

ヤサイ

シャキシャキのヤサイ。
そして特徴的なのはキャベツのホクホク感!
前に来たときも「札幌二郎のヤサイすごくおいしい!」と感激した記憶があるんですが、今日も格別に美味しいヤサイでした。

 

ブタ

f:id:onna_jiro:20190506161900j:plain

分厚くて見るからにおいしそうな豚ですが
食べてみると想像以上にふわふわの柔らかさ、ジューシーな肉質ですごく美味しい。
これは豚好きも納得の絶品です。

 

f:id:onna_jiro:20190506161902j:plain

麺はふっくら、やや柔らかめの茹で具合。
スープがよく絡み、旨みと小麦の味が広がります。

スープ

f:id:onna_jiro:20190507175855j:plain

まろやかで濃厚なスープ。
豚出汁の旨みが強く、濃いのにしつこくなくてどんどん飲める。

 

ネギ生姜

一口食べてみたときに感じたのは懐かしさ。
ネギと生姜が組み合わさったことでどことなくたこ焼きっぽい風味を感じます。
ネギも生姜も体を温める素材なので北海道にぴったりですね。

タマチ

酢漬けの玉ねぎと辛子が甘辛いタレとあえられていてキムチ風味。
お酒のつまみにも良さそう。
ラーメンに混ぜてもいいし、そのまま食べても美味しいです。


紅葉卸し

紅葉おろしとは大根に唐辛子をはさんで(指して?)一緒におろしたもの。
食べた最初は大根おろしの爽やかな風味を感じたのですが、除々に辛さが舌を刺激してきます。

やはり北海道、辛いもので体を温める意図があるのか・・・・・・どうかはわかりませんが、他にもカレースパイスや生卵もありトッピングに困ることはありません。

メールマガジンを登録しておくと限定メニューなどの告知も受け取れるそうです。

これでもかと札幌二郎を満喫。
地元という贔屓目なしでも非常に美味しい1杯でした。

ごちそうさまでした!
また来ます。

営業情報

ラーメン二郎 札幌店】

営業時間:
月~金 11:00~14:00/17:00~21:00
土曜日 11:00~15:00

定休日:
日曜日
祝日不定

住所:
〒060-0806
北海道札幌市北区北6条西8丁目8−11

最寄り駅: 
JR北海道【札幌駅】から徒歩6分
    
公式Twitterはありません。
臨時休業や限定メニューの情報は下記のメールマガジンに登録することで情報を受け取れます。

また、メルマガ登録をしていない方でもtwitterで「札幌 二郎」と検索すると有志の方がつぶやいた情報が見つかることがあります。


メールマガジン

アクセスすると登録することができます。

 


デザート

札幌二郎のあとは、こちらへ。

f:id:onna_jiro:20190507153009j:plain

六花亭 札幌本店です。

 

札幌二郎から歩いて5分くらいの距離にあるので、二郎のあとのデザートにおすすめです。

1階はお菓子の販売、2階に喫茶室とイートインスペースがあります。
この喫茶室は六花亭柄のクッションが使われていて明るくお洒落な雰囲気です。

f:id:onna_jiro:20190507154105j:plain


しかしながら今回はゴールデンウィーク中で喫茶室は大変混雑していたので、喫茶室の横にあるイートインコーナーを利用することに。

イートインスペースは六花亭の人気商品を購入してその場で食べることが出来るようになっています。

今回食べたのはこちら。

f:id:onna_jiro:20190507154739j:plain


雪やこんこ まじりっけなし

六花亭のソフトクリームはかなり濃厚。
雪やこんこのクッキーつきなのも嬉しい。


そして前回も食べたこちら

f:id:onna_jiro:20190507160502j:plain
マルセイアイスサンド

六花亭で1番有名なマルセイバターサンドをアイスにしたもの。
さくさくのクッキーの中に濃厚なバターサンド風味のアイスが入っています。
持ち帰りなどはできず、その場で食べるものなのでお店へ行った人しか食べられないメニューです。

バターサンド好きのかたはぜひ。


実家に帰り、翌日は母親と旭山動物園へ。

f:id:onna_jiro:20190507180832j:plain

魚を食べるアザラシ、可愛かったです。

久しぶりに行きましたが、いつのまにか「かば館」ができていたりと常に進歩し工夫する姿勢が素晴らしく、何度行っても面白い動物園でした。

夜は大好きなサウナで「整い」を感じ、地元北海道を満喫しました。

2泊3日の短い滞在でしたが、北海道がさらに好きになるような楽しい帰省になりました。
また帰ってきます!